通学路

駅舎移転に揺れた旧商店街・大網白里

千葉県の北東部に一する大網白里市は、2013年1月1日に町から市制へ移行したばかりの新しい市です。

JRがこの大網白里で東金線と外房線に分かれていることもあって、前々から行きたいと思っていた場所でした。

日替わりブログにも書いてありますが、以前、茂原へ貨物列車が運行されていたため、旧大網白里駅は現在の大網白里駅より600メートルほど北東にありました。

外房貨物は、茂原から外房線を通って大網白里まで来ると、そのまま東金線に入り、成東経由で総武本線へと抜けるルートで走行していました。

その理由は、大網白里から隣の外房線土気駅へ抜ける高台の勾配を、貨物が上がれなかったためで、現在はY字になっている外房線と東金線ですが、貨物が運行されていた当時は、東金線と外房線は繋がっていました。

そのため、外房線で蘇我方面に向かう電車は、大網白里でスイッチバックする必要があったかと思います。

待望の外房貨物が運行されていた期間も長くはなく、茂原貨物は無くなり、今では貨物用の跡だけが残ります。

その後、必要のない貨物線を取り払い、大網白里駅を現在の場所に移転させると、外房線は大きくカーブしながらそのまま上総一宮方面へと一直線に繋がることになりました。

東金線は、一部の電車が千葉駅から直通運転することもあり、外房線と繋がってはいますが、ホームは別です。

こうして、現在の大網白里駅が出来上がったわけですが、駅舎移転に伴い、繁華街も異動したため、旧商店街はとても寂しい雰囲気になってしまいました。

今回は、この旧商店街を歩く旅です。

駅舎移転に伴う繁華街の凋落という現象は、実は千葉駅にも当てはまる事実であって、今も旧繁華街は空き店舗の増加などに苦しんでいます。

旧千葉駅は、現在の千葉駅と東千葉駅の間に存在していて、当時、駅からまっすぐ伸びる道路の両側には商店が立ち並び、とても賑やかだったそうですが、今は見る影もありません。

鉄道の廃線や駅舎移転などは、商店街にとっては一大事ということになりますね。

さて、大網白里の旧商店街ですが、商売をたたんだ店舗が目立ち、歩く人の姿も無くひどく静かな感じでした。

ミラー

大網の旧商店街は、旧大網駅から東金線に沿って歩き、最初の踏切手前の道を右折、そのまま道なりに行くとT字路に出るので、そこを左に曲がった道沿いだと思われます。

途中、レンガ積みの階段が残る廃墟や鏡の付いていないミラーを通り過ぎることになります。

写真

T字路の突き当たりにあるお店のショーウィンドー、色褪せた記念写真が無造作に放りこんでありました。

昔は、入学式、卒業式、遠足に行っても、こんな記念写真を撮影しましたね。

お揃いの黄色い帽子をかぶっているところを見ると、小学校でしょうか。

この店舗はお店は閉めているようですが、人は住んでいる気配がありました。

倉庫

写真が飾ってあるお店の前を左に曲がり、突き当たりを更に左に曲がると左手に倉庫が見えます。

途中にも、色々とノスタルジックな物を発見しましたが、この倉庫もその一つ。

どうも、当初の目的とは違う使われ方をされているようでした。

倉庫に向かって左手側の高台には神社が3つ並んでいるのですが、入口が見つかりません。

民家と学校にふさがれてしまっているようでした。

百葉箱

大網白里市立大網小学校??にある百葉箱です。

壊れていて用をなさないと思いますね。

それに、大網小学校は移転したのかな???地図でこの場所には小学校の名前が出てきませんでした。

看板

なめきと読みます。

お店はすでに廃業していますが、ちゃんと人が住んでいます。

小間物という呼び方もなんだか時代を感じさせますね。

この付近の荒廃のあり様はずいぶんなもので、やはり小学校が移転したからでしょうか。

近くの本屋も薬局も全て廃業していました。

お店

行木小間物店から少し東に向かって歩いた先に見えた商店。

かつては、学校に必要な物を取りそろえたお店だったようですが、今はコインランドリーになっています。

駅舎が移転して荒廃し、小学校が移転してさらに過疎が進んだ感じの町でしたね。

新市街には大型スーパーが出来ていて、昔は田畑だった土地に新しく家が建ち、町の中心が移ってしまったようでした。

おそらく、新興住宅地に子供が増えてしまい、旧商店街には子供が少なくなったために、小学校が移転したのかな???と思います。

地元でも、新しいマンションが次々と建って、子供の数が増えたため、小学校を作って欲しいという話も出ていましたが、子供が増えるのは一時的なことなので、結局今ある小学校に分散させる方向で決まったようです。

それが正解、今では小学校の統廃合まで起き、新しい小学校など建てなくて良かったなということでした。

大網白里の今後は全然分かりませんが、海あり、山ありの静かな土地です。

今回は、旧市街を全て歩いたわけではないので、また散歩に行きたいなと思います。