飯岡海岸

国民には見せたくない原発関連文書の検索対処

東日本大震災は遠い過去・・・・というわけでもなく、ここ数日は東日本で体感する地震が起こり、あの日を思い出します。

それにしても、東日本大震災から私たちは何を学んだんでしょうね?????

今日いろいろとニュースサイトを見ていて、あきれたものを見つけました。

またあの東電か・・・ということで、なんと情報公開すべき文書を検索されないように、タイトルの一文字を当て字にしていました。

つまり、自分たちに不都合なことは検索できないようにかくしてやれ、それならネットに上げなければよいのですが、公開しろと言われているのかネットに公開し、検索できないような手段を考えたわけです。

例えば、東京電力の力をカタカナの「カ」、ストロンチウムのトを漢字の「卜(ぼく)」、ロを漢字の「口」に変えてあります。

他にもプルトニウム柏崎大飯なども、意図的に変えられています。

特にネ白崎と大食反で検索すると、いろいろな資料が出てきます。

J-castニュースに詳しいです。

また、キ白崎刈羽原子力保安検査で検索しても、おもしろい資料が出てきます。

灯台ここまでやる会社っていったい・・・・

もう常軌を逸していますね。

東日本のことだからと、西の人は思っているかもしれませんが、西も含めて膨大な税金が東電にわたっていて、そのおかげで定期昇給あり、ボーナスも満額出ています。

津波

東日本大震災で多大な被害をこうむって、さらに放射能を垂れ流しされてすごい迷惑しているのに。

この醜態をさらすか会社に、社会はいったい何ができるでしょう?????

身近に東電社員でもいれば、どんな生活をしているのか観察するのも良いかも。

原発のウソ (扶桑社新書)

原発については、いろいろな書籍が出ていますが、何冊かよんで知識をつけておくべきかも・・・・

陰謀説などもいろいろ書籍が出ていますが、良書を選んで読む必要がありそうです。